保育士不足について

保育士 求人 トップ >お役立ちコーナー >保育士不足について
保育士不足について イメージ画像

『保育士不足の背景』

近年の待機児童の問題からわかるように、子どもの数に対して保育士の数が足りない事は周知の事実です。
保育士の免許を持っているけれど、保育士として働いていない人を潜在保育士と呼びますが、この潜在保育士は現在保育士として働いている人数よりも多いというのが現状です。
では彼らが職場復帰してくれれば保育士不足は解消するのかといえば、事情はそう簡単ではないようです。

『保育士をつなぎとめるための施策』

昨年度に引き続き、待機児童の緩和に向けての保育所の数・質の向上のため、国は保育対策関係に予算を充てています。
まずは前述した潜在保育士の復職を促すために、再就職時に就職準備金を貸し付けするという施策。
一人当たり15万~20万円で、復職に向けて必要になる費用(引っ越し費や仕事着の購入など)に充てるためのものです。
保育士として2年間勤務するなど、一定の条件を満たした場合は返済が免除されます。
また、保育士の業務の負担は、書類業務にあるとされていますが、この書類関係の業務の効率化を図るため、パソコンや業務管理ソフトを購入する保育所に対して80万~100万円の助成をするとし、離職防止に努めています。
さらに新たな保育士確保のため、保育士資格を持たない人を保育補助員として雇用する場合、保育所に対して一人当たり約300万円が3年間貸し付けられるという施策も。
この貸付金は、雇用した保育補助員が就業後3年以内に保育士の免許を取れば返済が免除されます。

『それでも保育士に戻らない理由』

上記のように、国は様々な対策で保育士確保に向けて動いています。
それでも保育士不足が解消されない理由は、やはり給与の低さにあります。
手取りが15万円に届かない保育士は珍しくなく、中には35年勤めて主任職に就いていてさえも手取り18万円(主任手当を含む)という例さえあります。 ただでさえ人手不足で忙しい上に、常に保育の質の向上を求められ続け、「割に合わない」というのが保育士たちの本音でしょう。
まずはこの、「保育士=給料が低い」という現状を打開する必要があります。
2013年頃から保育士確保のためにさまざまな施策が取られており、2015年には月収・賞与共に上昇したという報告もされています。
また昨年末には、保育士の基準賞与額を前年度よりも1.9%増やすために国で予算が組まれることが決定されました。
それでもまだまだ他の職種に比較すると給与額が低いことは確かです。
国の施策に頼るだけでなく、保育所を運営する法人自身による待遇改善の必要性を感じます。

今日の新着保育求人
保育士さん向けお役立ちコーナー
おすすめ企業求人
株式会社トットメイト
東海エリアを中心にて約70ヶ所以上の保育施設にて保育スタッフ(正社員・パート)大募集中! 高待遇、福利厚生・研修制度充実のトットメイトの保育施設で一緒に働きませんか!この企業の求人を見る
ぽこころ保育園 祖師谷
保育士・保育補助募集!NTTグループが運営するアットホームな保育園!賞与は前年度実績4.85ヶ月。処遇改善費等別途支給。 NTTグループならではの充実した福利厚生と人事制度で、安心して長く働ける職場です。この企業の求人を見る
ちいさいおうち小石川
2017年9月開園の小規模保育園にて保育スタッフを募集します
6時間正社員制度あり。0~2歳の小さな園なので行事も少なく、保育者がゆとりを持って子ども1人ひとりに寄り添う保育ができます。
保育経験の長さよりも、1人の人間として子どもに向き合えるかどうかがカギだと思っています この企業の求人を見る
ライクスタッフィング
保育園・幼稚園に関わる職種(保育士・幼稚園教諭・看護師・調理師等)に特化してお仕事を紹介しております。未経験の方やブランクのある方でもご就業頂ける様に、職場見学や採用面接時のタイミングでは専任スタッフが同行し、不安が無い仕事探しのフォローを実施します。この企業の求人を見る
クローズアップ求人
ライクアカデミー株式会社
株式会社タスク・フォース
マイチャイマイ
新卒採用
ブルームラボ LINE
求人スカウト登録
http://skips.jp/
http://skips.jp/
http://skips.jp/
http://skips.jp/
http://skips.jp/

このページのトップへ